府中で学習塾・進学塾をお探しなら丁寧な指導の共進塾へ!

  1. HOME
  2. 共進塾卒業生の進路紹介&合格体験記

共進塾卒業生の進路紹介&合格体験記

●高校

 

公立

国立・武蔵・三鷹・南多摩・狛江・調布北・神代・調布南・東大和・府中・府中西・ 東京工業高専・松原・豊岡(埼玉)・片倉・田無・永山・東大和南・ 府中工業・五商・東村山西・東村山・立川・小平・小平南・都立高専・習志野・府中東・松が谷(外国語)

 

私立

中大付属・錦城・拓大一・専修大付属・東京電機大・八王子(特進)・西部台・工学院大付属・ 日大明誠・白梅学園・国立音大付属・帝京長岡・藤村女子・日大三高・東海大菅生・関東国際・実践学園・ 東京立正・佼成学園女子・東京工業・日大櫻丘・明星学園・日大一・帝京八王寺・国士舘・松蔭・昭和第一学園・大成・八王子実践(特進)

 

●大学

 

電気通信大学大学院・首都大学東京・明治大学文学部・日本大学文理学部・日本大学法学部・国学院大学法学部・青山学院大学・中央大学商学部・中央大学文学部・専修大学・帝京大学・立教大学・国士舘大学・東京家政学院大学(特待生)・東京音楽大学・武蔵野美術大学・明星大学・成城大学・法政大学・他

 

高校入試合格おめでとうございます!

共進塾『合格体験記』その1

ぼくは、中3になる前から高校は調布北高と決めていた。英語は好きな科目で、中2の時、英検3級を取得したが学校の定期試験では今一つ高い点がとれなかった。だから、中3の最初の中間テストには英語だけでなく5教科で合計400点以上とろうと決め、がんばった。

 

その結果、419点とれた。しかし部活もあって思うように勉強の時間がとれず、塾の学力テストの理科と社会の成績はさんざんたるもののだった。そのため、志望校合格ラインには全く届いていなかった。

 

部活引退がちょうど夏休み直前。夏期講習には、苦手な理科を塾で説明をよく聞き、分からないところをつぶした。国語は文章題が苦手だったので、授業では作文や文章読解問題をまじめに取り組んだ。

 

夏休みに頑張ったせいか、9月末の学力テストは、志望校の合格率が初めて合格60%ラインを超えた。そして10月の前期の通知表も、2年の時より3点上がり、担任の先生からこの調子で行けば大丈夫だと言われた。

>>ページのトップへ

 

◎12月から苦手科目克服に毎朝5時起き!

5教科中で社会が今一つ弱かったので家にある問題集も使ってめちゃめちゃ勉強した。冬期講習の時から、朝5時に起き、5時15分に勉強し始め、9時まで自宅で勉強し、塾の勉強時間以外は夜の10時まで図書館で勉強するようにした。2月に入ってからは、毎日5時起きで、過去問を集中して解いたが、過去問は5教科で400点以上とれていた。

 

◎見事、合格!

入試当日は電車が遅れたために入試開始時刻が2時間遅れ、少し緊張したが、問題に当たった時は平静さを取り戻し、大きな失敗はなかったと思う。当日は何が起こるかわからないと思った。(A君/調布北高合格)

 

◎塾長よりコメント

志望校に見合った学力をつけるために、まず、中3の最初の中間テストでは、5科で400点以上は絶対にとるといった気構えで勉強するように言いました。そしてみごとにクリア。

又、夏休み前は、確かに志望校の合格基準と本人の学力には、ギャップがありましたが、過去の塾生の成功例を話し励まし続けました。1年を通し、自分の弱い所(国語の読解力など)を冷静に見つめてまじめに勉強し続けたことが合格につながったと思います。

 

共進塾『合格体験記』その2

中3になったら、まず学校の成績を上げるために、英語と数学は学校のワークを宿題に出される前からどんどんやり、予習内容も手がけていった。社会も学校で出されたプリントを提出期限より早い時期にやり終え、他の勉強にかける時間を確保した。

 

夏休み前は、塾の学力テストでは、特に理科が足を引っ張り、志望校も合格圏内に入っていなかった。部活で勉強できなかった分、夏休みは一日中勉強しようと思っていた。特に社会は、地理・歴史・公民の3冊の問題集をやり終え、総合問題集に取りかかろうとしていた。

 

<9月の定期試験は、数学と国語が最悪の成績に!>

しかし9月の期末テストでは、自信があった国語の点数がひどく、数学も思ったような成績がとれなかったので悔しかった。それからは特に数学は応用問題をできる限り当たり、わからない所は塾で授業終了後に先生によく聞いた。

 

<自分の限界に挑み、なんと内申が6ポイントUP!>

結果、11月の定期テストの後に出た最終の内申点は前期より3ポイント上がっていた。2年次から比べて、換算内申で6ポイント上昇したことが分かった。

>>ページのトップへ

 

◎見事、合格!

12月の会場テストは、志望校の合格率が60%ぎりぎりになってしまい、落ちこんだが、過去問を繰り返しやり、苦手な数学や理科は解き方も暗記するほど何回も目を通した。1月の会場テストは合格率80%以上だったので、このまま勉強し続けて乗り切ろうと思った。

学力テストの合格率は80%を超えなくてはいけないと自分に厳しく言い聞かせていた。
だから合格できたのだと思う。(B君/調布北高合格)

 

◎塾長よりコメント

塾で出す宿題はもちろんのこと、自学自習用の問題集もそろえ、分からないところは塾で熱心に質問し、常に前向きでした。又、9月の期末試験では、努力したにもかかわらず数学や国語で思ったような結果が出なかったことで一層、発奮し、本気で勉強していったことが成績を飛躍的に伸ばす結果につながったと思います。

粘り強さとひたすらな姿勢に感服しました。

 


TOP